2012年9月20日木曜日

居住空間学なブルックリン/ Brooklyn Houses



             ブラウン家のキッチン。
             テーブルは、この建物の古い梁で作りました。

This is the kitchen of the home of Susan Boyle and Benton Brown. They built this beautiful, sustainable dwelling out of an old building with a long history, along with great help from their friends. The striking dining table is composed of beams reclaimed from the building's reconstruction.

This is one of the impressive homes we covered for the BRUTUS residential issue.


This is their company:  Big Sue             
(photo: Mika Yoshida)

 Brutusの<合本 居住空間学DELUXE>、到着。

 去年取材したブルックリンの5軒を
あらためて見てみると、
どこの住人も「お買い物をほとんどしない」人たちでしたねー。

 ジュエリーデザイナーのエイミーなんて、
家具や道具の殆どがもらう・拾う・
アーチスト仲間とバーターしたもの。
なのに(というか)カワイイ住まいというのに
舌を巻いてしまいます。

 拾ったりもらったり、リメイクしたりって
ここではみんな昔からやってるけど、
以前は汚れもそのままだったりして
良くいえばラフ、
つまりはバッチイ感じ。

 今はきれいに拭いて磨いて
とにかくクリーンになりました、
ニューヨークという街も、住まいも。

 古くて巨大な工場を仲間と大規模に改装したのは、
ほぼ自給自足のブラウン夫妻。
広い屋上で食物を栽培し、ハチミツを作る。
 昼間の電力はすべてソーラーパワー。
彼らの本業は、サステイナブルな建物を建てる
ビジネスなんです。

 家具や床は、この建物から出た古材のいわゆる「リクレイム」。
リノベとかリサイクルって言い方って
最近そういや聞かなくなりました。





0 件のコメント:

コメントを投稿