2016年10月25日火曜日

Ray Kappe House

We interviewed Ray Kappe, architect, co-founder and first director of the Southern California Institute of Architecture (SCI-Arc) at his world-renowned home for the most recent Casa BRUTUS residential issue.
This beloved house, built in 1967, is the gem that gave birth to the spirit of California modernism. Takashi Homma was the photographer for the feature. 

 今出ているカーサ・ブルータス、創刊200号でLAのレイ・キャッピ邸を取材し、ご本人にインタビューしています。カリフォルニアモダンのいわば始祖にして、南カリフォルニア建築大学SCI-Arcの創設者キャッピさん、御年89才。西海岸でもっとも美しく、心豊かにさせられる住まいについて語っていただきました。
撮影はホンマタカシさん。(このスナップは違います)

 
(c)2016esukaham